スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク


今日は学校を抜け出してサボりました…。
理由は学校にいる意味がわからなかったから。

朝バイトが終わってから学校に行ったんですよ、んで、朝っぱらからお得意のラリった発言が…「履歴書書いてもらうからこの前渡した履歴書用の写真必要なん、だから無い人は取りに帰って」

おぃ、ふざけんな、昨日一言もんな事言ってなかったろうが、なんで一声かけなかったんだ。。。

しかも自分はこの前もらった履歴書用の写真を紛失してしまってたので結局ホリフォートというカメラ屋で現像しなきゃいけないことに、5枚で1200円でした。

なんやかんやで学校に帰って履歴書書いてると、まわりがうるさい、うるさい、うるさい、しょうがないから教室を出て一人ロビーで書いてたら先生がやってきて教室で書いてくれと、しぶしぶまた教室に戻り書くことに。
でもやっぱり状況はさっきと一緒、どうしてこんな環境で履歴書を書かなけりゃいけないんだと段々疑問が沸き起こる。

そうしているうちに分からない所が出てきたから先生に「就職ガイドブックを貸してください」とお願い。
先生 「あいよ〜、今もってくるからちょっと待ってて」
といって職員室に向かっていく、そして15分ほど、たかがガイドブックを取りに行くのに何故15分もかかるのか意味不明。
んで戻ってきた先生が取った行動はまたもや謎、帰ってくるや否や自分の隣に座ってた女子に話しかけて「はい、履歴書用紙」それからこっちにくるのかと思ったら教室の後ろの方に行って何人かの人達と喋り始める。

5分待ちました。

依然として状況が変わる気配なし。
しびれを切らしてもういちど話しかけたら「あ、忘れとった、ごめんごめん、んじゃ今から休憩時間にするからその間に私取ってきます」といって授業は終わり休憩へ、10分後、戻ってきた先生の手にはガイドブックは無し、教室に入った瞬間「はい、じゃぁ授業始めます」といって授業開始。
開始するやいなやまたも別の人達と話しはじめる。

いい加減にしろって感じでぶちきれました…。

人が頼んでるのにその依頼を受けといて放置するなんてどういう神経してるんだろうか、てかぶっちゃけ家に帰ればガイドブックもあるし静かだしあきらかに教室より履歴書書くのがはかどる。

あ、そうか、こんなとこいても意味ないや。

頭の中にその思考が浮かんだ瞬間荷物を片付けて授業中のその教室から抜け出して帰りました。

すぐ気づいて連絡来るのかなとか一瞬思ったけど、連絡が来たのは昼くらい、どうも俺が帰ったことに気づいてなかったみたい、うん、やっぱりあそこにいても何もならなかった。。。

昼くらいに電話かけてきた学校はもちシカト。
ご飯食べてから着替えて外に出かけて写真撮って、今に至るというわけw

ん〜、資格を目指してる間の大原ってのは好きだけど、それ以外の部分はどうも好きになれない。
振り回されるこっちの身にもなってほしいもんです。


photo by noko
<< 死亡動機 | main | 研修 >>

スポンサーサイト

photo by スポンサードリンク









http://chako-noko.jugem.jp/trackback/44
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/02/22 2:24 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/02/22 2:31 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/02/22 2:48 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/02/22 2:57 PM |

このページの先頭へ